未婚の母ですが性パートナーと出会い満たされた気持ちになりました

体験談アイコン

さいか

30代

東京都

30代未婚の母です。
子供も大きくなり全寮制の学校に入ったのをきっかけに、自分の時間が多く持てるようになったので久しく忘れていた「オンナ」としての時間を持ちたいと思い始めました。
出産してから今までは自分のことに構っている暇などなく、おしゃれなどにも気を回せていなかったので、正直、自分みたいな「オンナ」を捨てているように感じている人間には相手は見つからないかもしれないと思っていました。

ですが、知り合いにもお相手を掲示板と出会いサイトを利用して見つけたという人がいたので、一縷の望みを託して探しました。
知り合いになぞらい私も掲示板と出会いサイトを利用して相手を探しました。
1週間ほど利用したのちに、掲示板はあまり良い感触の方が少なかったように感じたので、PCMAXという出会い系サイトで本腰を入れて探しました。
そこではお相手の方に失礼かと思うこともあったので、きちんと未婚の母であることなどをプロフィールに掲載してから、色々な方と連絡を取りました。
幅広い年代の方と連絡を取りましたが、実際にお会いしたのは2歳年上の外資の証券マンで、チュートリアルの徳井さんに似ている方と、5歳年下のハーフの弁護士でゴルフの石川遼選手に似ている方でした。
お会いするまでの期間は2歳上の方は約2週間で、5歳下の方は1ヶ月ほどありました。
理由としては、年下の方はいたずらかもしれないと思っていたからです。
実際に会ってからは申し訳なくなるくらい誠実な方だと実感しました。

証券マンの方とは初めてお会いしてからコンスタントに月に2度ほどお会いする状態を続けています。
初めてお会いした時は食事をご馳走になり、色々とお話をしただけで帰りましたが、二回目のデートからは男女の関係になりました。
この方はこだわりの強い方で、お気に入りのルーティーンがあるようで、お会いする時にはいつもおきまりの流れがあります。
新宿にあるLOVEと描かれているモニュメントの前で待ち合わせをして、近くのホテルのレストランで食事をとり、同じホテルで部屋をとってくれているのでそこにお泊りをすることになっています。
こだわりがとても強い方なので、エッチをする時もお気に入りのルーティーンがあります。
体位などはよく変わりますが、最後はいつも後背位で終わります。
何度か交わりますが、最後はいつも同じです。
行為自体はかなり淡白ですが、最中に何度も私のことを愛していると言ってくれるのでかなり満たされています。

弁護士の方とは、初めてお会いした時から男女の関係になりました。
と、いうのもラテン系の血が流れているので情熱的な方で、食事をしているときから
「誠実じゃないのはわかっているけども、君は僕の理想だからずっと一緒にいたい。今もキスしたいのを我慢しているんだ」
と何度も言われ、嬉しかったし、気持ちがかなり盛り上がったからです。
証券マンの方の淡白な内容だけでは正直満足できなかったので受け入れました。
この方とは時間さえ合えばしょっちゅう会っています。
お忙しい方なのでなかなか会えませんが、それでも週に1回は必ず会っています。
会う時も私の家の近所まで来てくれることもあれば、デートだから遠出をしようと旅行に連れ出してくれることもあります。
どんな場所でもこの方のエッチは激しくて、スポーツそのものだし、愛されているんだと感じます。
エッチは激しいですが、自分本位ではなくて私のこともきちんと優しく高めてくれるので痛みなどは一切なく、いつでもどこでもエッチしたいくらいにこの方とのエッチにはまっています。
最初はいたずらだと思っていたと本人に言ったところ、大笑いされてしまいました。
ラテンの血は入っているけど嘘はつかないし、本当に私が大好きだと言ってもらえて嬉しかったです。

未婚の母となり数年ですが二人の方と出会えて、自分の時間を取り戻せた気がしています。

Follow me!

The following two tabs change content below.
寄稿

寄稿

この記事はユーザーから寄稿いただいた体験談です。 寄稿したい体験談をお持ちの方はメールフォームよりご連絡ください。

同じカテゴリの記事

性欲解消関連のカテゴリ一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください