スカイワラビー(大人のおもちゃ)の体験談

体験談アイコン

じゅん

20代

東京

スカイワラビー購入前の性生活

在宅で仕事をしている20代です。結婚はしていませんが、付き合って4年目になる彼氏がいます。

おとなのおもちゃに興味を持ち始めたのは1年ほど前でした。

私は性欲が強い方で、付き合ったばかりの頃は彼氏とよくセックスをしていました。お互い仕事を始めて生活リズムが合わなくなり、セックスの頻度が週2.3回から月に1回程度にまで減ってしまいました。セックスの内容もマンネリ化してしまい、ただイクこと、射精することが目的となったおもしろくないセックスになってしまいました。また彼氏の性欲がかなり衰えてしまい、私が満足するよりも先に彼がイってしまう…ということが増えました。

スカイワラビー購入までの経緯

彼氏とのセックスに期待を持てなくなった私は、オナニーで性欲を発散していました。

そんなある日、「オナニーの質を高められればもっと充実した性生活ができるのではないか」と考えました。

当時私はクリトリスを刺激してイく、いわゆる「クリオナ」をしていました。膣の中に指を入れてオナニーする方法も試してみてはいたのですが、どうしても膣の感触に慣れることができず、膣オナは諦めていました。

しかし、セックスでクリトリスよりも膣のほうが気持ちがよいということを知っていたのでいまいち満足することができなかったのです。私は、「簡単に膣を刺激できる道具があればもっと深い快感を得られるのではないか」と思いました。

スカイワラビーを通販で購入

膣内を簡単に刺激できる道具がほしい。そう思っていた私の目に飛び込んできたのがバイブでした。これならば自分の膣の感触に不快感を覚えることなく中でイクことができると思い、さっそくいろいろなサイトを調べてみました。形が大きいものや中で動くものなど、様々な種類のバイブがありましたが、私が選んだのはラブコスメの「スカイワラビー」という商品でした。

このスカイワラビーは、本体の上部と真ん中にサイズの変化をもたせることでGスポットを刺激することができます。更にクリトリスに当たる部分には広い面積が用意されてあります。クリトリスとGスポットを同時に刺激することができる商品だということに魅力を感じ、そのままサイトから通販で購入しました。バイブとわからないように梱包してくれるとのことだったので安心して注文できました。

スカイワラビーの見た目・使用感

届いたスカイワラビーは手のひらサイズのかわいいバイブでした。色も鮮やかな水色で、抵抗感がなく使用できます。また挿入部分は「エラストマー」というかなりやわらかい素材でできており、入れるときの痛みは全くありません。単3電池2つでクリトリス部分がブルブルと震える仕組みになっており、震動の強さは手元のつまみで変えることができます。最初は弱く、高まってきたら震動を強くする…という調整もしやすいバイブです。

手入れの仕方も簡単です。クリを刺激する部分の近くのローターを引き抜き、ゴム部分を丸洗いするだけでお手入れは完了します。汚れもつきにくいですし、万が一汚れてしまってもすぐに落とすことができます。

スカイワラビー

スカイワラビーの不満点

しかしスカイワラビーは、膣への刺激を中心としている…というよりは、クリトリスへの刺激を中心に膣も刺激するようなバイブです。

竿部分がやわらかいので入れるのは簡単なのですが、膣の刺激のための出し入れには向いていません。竿部分が動くことはないので少し物足りなさを感じることがありました。

おそらく、クリトリスでしかイッたことのない女性が中イキを練習するときに使用するバイブだったのだと思います。

スカイワラビーを使ってみて

スカイワラビーは、私は少し期待していたものとは違うバイブではあったのですが、機械の震動の刺激は想像以上に気持ちがよくすっかりハマってしまいました。

クリだけの刺激もしやすく、がっつりオナニーをしたいときは竿部を膣に入れる、睡眠導入のための軽いオナニーの際はクリのみ刺激するなどの使いわけもできます。自分の手でオナニーしていたころに比べて時間もかからないし手も疲れません。2日に1回はスカイワラビーにお世話になっています。

バイブを使用する前は疲れている彼にセックスを求めていました。そんな私に嫌気がさしているのがわかりつらかったのを覚えています。ですがバイブを購入し、手軽に性欲を発散できるようになったことで、彼氏にセックスを強いることもなくなりました。その結果、彼もストレスを感じることがなくなったようで日々円満に過ごしています。

時間をかけずに性欲を発散でき、彼との仲も回復しました。バイブを購入して本当に良かったと思っています。

スカイワラビーの通販はこちら

The following two tabs change content below.
寄稿
寄稿
この記事はユーザーから寄稿いただいた体験談です。 寄稿したい体験談をお持ちの方はメールフォームよりご連絡ください。

同じカテゴリの記事

性欲解消関連のカテゴリ一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください