大学生の彼を相手にお母さんごっこ

体験談アイコン

かずみ

40代前半

東京都

40代、大手ゼネコン勤務です。
見た目……は、身長は165センチで、スレンダー系です。
似ている有名人だと、たまに「米倉涼子」さんっぽいと言われることはあります。

20代の時は、仕事が楽しくて、働きに働いていました。
やがて役職もついて、大きなプロジェクトも任されるようになって。
当時から、彼氏はいるにはいましたが、相手に合わせようとしながら合わせられない現実がストレスとなり、相手のほうも我慢できなくなったようで、自然とフェードアウトしました。

大学時代も付き合っていた彼氏がいましたが、私がある資格試験に向けての勉強に没頭するうち、彼氏が二の次になってしまい、別れました。

私は男運が無いのか、自分から男運を捨てているのか。
気が付いたら、普通に結婚して、普通に子どもを産んでという年代ではなくなっていました。

とは言っても、結婚願望もあったし、彼氏との楽しい時間を過ごしたいという願望もあったし、子どもを産んで育てたいという気持ちもあったのですが。

そうした気持ちの埋め合わせのために、ネットの出会い系サイト(PCMAX)を冷やかし半分で利用しました。

これまで年上や同年代の男性と付き合ってきましたが、ふと「年下ってどんなんだろう」って思い、サイトでは「年下希望」と記しました。
こちらの年齢も正直に「40代」として。

かなりスルーされるかなと思っていましたが、けっこう反応があって。
10人以上の年下クンからメールを頂き、そのうち、4人の方としばらくやりとりをしました。

年上の女に対してとなると、「甘えんぼ」クンみたいな子ばかりかと思いきや、そうではなくて、「年上女性をリードしたい」みたいな奇特な彼とか、「セフレとして割り切って」みたいな肉食系の彼もいて、興味深かったです。

でも結局、なーんにも知らない感じの、世間ずれしていない感じの大学生3年の彼と会うことにしました。

彼は地方出身で、3人きょうだいの一番上だと言うんですが、いかにも、純粋というか、天然というか。
メールでのやり取りの時も、不思議な印象を醸し出していましたが、会うと、やはり同じ印象でした。
見た目は……「えなりかずき」さんをもう少し冴えなくした感じ。

もう、完全に「息子」ですよね。
でも、自分で言うのもなんですが、私は年より若く見えるようだし、彼はオジサンが入っているので、一緒にいても、「お母さんと息子」という風には見えないと思います。

彼は小さい時にお母様と離れ離れになって、お父様とおばあちゃまに育てられてきたということで、母親の愛情を知らないんです。
だから私は、時には母として、時には姉として、時には恋人として、接してきました。

なんだかもう、箸の上げ下ろしから、服の選び方から、掃除や洗濯の仕方等、何から何まで教えてあげました。
私は反対に末っ子で、兄や姉に大事にされてきたので、年下の子に尽くすことが、すごく新鮮で楽しかった。

早くに結婚して、子どもを産んでいたら、彼みたいな息子を育てていたんだなと思うと、自分がその時だけお母さんになったような気分になりました。

学生時代からの友だちが、結婚して、子どもを産んで、その子たちが、大学に行ったり、社会人になったり、早いところだとそろそろ結婚ということになっています。
私は「いいな。
羨ましいな」とは言いますが、そうした友だちからの、結婚したがゆえの、母親になったがゆえの大変な話を聴くと、やりがいのある仕事をしながら、「お母さんごっこ」をしている今の私のポジションが一番、いいのかなと思ってみたりもします。

子どもを産んで育てても、いつかは親元を離れていくし、最期は子どもに面倒を見てもらいたいと思うのは、親の勝手なエゴだと思っているので。

だから今は、出会った彼に、「母親らしき」ことをしてあげながら、彼が立派な一人前の男に成長して、未来に羽ばたいていくのを送り出してあげたいと、そんな風に思う今日この頃なんです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください