ライブチャットで作ったセフレの関係

体験談アイコン

ごくりん

20代後半

茨城県

ライブチャットで気になる彼を見つけた

私がまだ20代前半のころ、お金に困っていてライブチャットというサイトでサクラの仕事をしました。
ライブチャットを選んだ理由はちゃんと働きたくなかったことと、彼氏と遊ぶ時間を取られたくなかったからです。

私はあまり可愛い方ではないのですが、でも体は細いくスタイルには自信があったため、プロフィールでは細い体を駆使して良くみせようと必死でした。だけど、やっぱり可愛い顔を載せている他の方には敵わず、あまり稼げてはいませんでした。なので必死にエロい女を演じて毎日エッチな発言などをしていました。

その頃、1人の男性と知り合いました。最初は、「やった!稼げる」と思っていたのですが、その男性から「そんな無理してエロいこと呟かなくていいんじゃない?」とか言われ、悩み相談なんかもしてくれてどんどん惹かれていきました。

でも、その男性は最初に入会した際の無料ポイントがなくなったらこのサイトは辞めると言ってきました。私はどうしてもその男性とのやりとりを終わりたくなくてメールアドレスを教えてしまいました。

その男性は30代前半の結婚もしている男性でした。私は茨城県に住んでいましたが彼は栃木県の方で、近くに住んでいる訳でもありませんでした。

ライブチャットから直接エッチする関係へ

彼とやりとりを続けていくなかでどんどん、やりとりもエッチなものが増えていきました。私の恥部の写真を送ったりオナニーしている動画を送ったりしていました。彼も立派にそりたつ恥部の写真を送ってくれたりしていました。

そんなやりとりをしているうちにどんどん会いたい、抱かれたいと思うようになっていきました。それからしばらくして、彼から「明日、会ってみないか」と言われました。会って、エッチをしようと言われたのです。

私は彼氏もいるし彼は結婚をしています。そのことが一瞬、頭をよぎりましたが私は「会いたい」と言ってしまいました。

翌日、彼が茨城県まで来てくれました。会うと速攻でラブホテルへ行きました。

最初はテレビを見ながら雑談しつつお酒を飲んでいましたがそのうちに彼が私の太ももをさわってきて、私も一気にいやらしい気持ちになり、彼に触られる度に今まで感じたことがないほどの快感を感じました。私も一生懸命、奉仕しました。

彼の恥部を頬張り、唾液を大量に出しながら「上手いね」と、彼に褒めてもらえてとても嬉しかったのを覚えています。そして、初めてセックスした時も彼はとても上手い人で、今までで1番気持ちよくて本当に彼の虜になってしまいました。

その後は彼は家庭もあるのですぐに帰ってしまいましたが私は、またすぐに会いたくて仕方ありませんでした。彼に何度も会いたいといいました。彼とのエッチを想像して何度も自慰をして絶頂に達しました。

彼が仕事で忙しく、中々、会えない日々が続いてしまい、私は会いにいったら会ってくれるか聞きました。来てくれるなら会えるよ、と言われたので私はすぐに会いに行きました。

彼に久しぶりに会えただけであそこが濡れたのを覚えています。そしてまたすぐにホテルへいき何度も抱かれ、一緒にお風呂に入ったりしました。

性欲が抑えきれなくなりセフレになった

それからというもの何度も私は彼に会いに行きました。彼はなんでも知っていて色々なことを教えてもらいました。
青姦って知ってる?」と聞かれたとき私はそんなこと知らなかったので、なにか聞くと「外でえっちすることだよ」と言われたのです。私は胸が高鳴りました。そんな卑猥なことしてくれるの?と私はどんどん彼に侵食されていっていたのです。どんどん変態になっていました。でも、その行為はとても快感で私の楽しみでした。

彼に会いに行くのもお金がかかる。だけど、そんなことは考えてもなかったです。

そして、また彼に会いにいきました。人気のない、ちょっとした山のようなところに連れ込まれました。彼にまず、唇を奪われ舌をいれられ、あそこを触られました。とても気持ちよくて息が漏れ、声が漏れます。

それから彼に舐めてと言われました。彼のものを舐めて頬張りいかせました。そのあと私に後ろをむかせ車に手をつくよう言われました。私は言われた通りにしました。

すると後ろから彼のものを入れられ突き上げられ頭が真っ白になりました。頭の中は快感でいっぱいです。

もっと、もっと、私は何度も欲しがりました。

たまに車が通ります。その度にまた、胸が高鳴り快感が押し寄せてきます。彼は耳元で何度も何度も可愛いね、気持ちいいよ、と言ってくれます。私は幸せでした。

どんどん淫らになっていく自分に少し戸惑いもありましたがそれ以上の快感が私の思考回路をショートさせたのです。そして、私はしばらく、通い続け彼氏とも別れてしまいました。今でも彼とはセフレの関係としてエッチを続けています。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください