塗るタイプの女性用の性欲剤を使ってみました

体験談アイコン

みつき

40代前半

愛知県

年齢とともに濡れにくくなってきた

同い年の夫と結婚して14年の40代前半の女性です。
働き盛りの夫と、パートの私は短い時間ですが会話もある、仲のよい夫婦だと思います。
夫も年齢とともに中折れなどの問題を抱えるようになりましたが、同時に私にも幾つかのトラブルが起こりました。

もともとあまり性欲は強くない方で、スキンシップさえあれば本番行為はなくても平気な方でした。
夫の求めには応じていたので定期的に関係は持ちましたが、月に一度程度でした。
何回かに一度イクかどうかという程度で、感度も良くなかったと思います。

ある時、夫が求めてきたので応じたのですが、全然濡れてこなかったのです。
今までも濡れづらいというのは自覚がありましたが、全く濡れないというのは初めてでその様子を夫が心配してくれました。
確かにあまり気持ち良くもなく、今日はやめておこうかと言ってくれたましたが夫はすでに男性用精力剤を使っていたためローションを使ってその日は済ませました。

女性用の性欲剤を注文

2、3日経って、夫が「女性用の精力剤を使ってみないか」と提案してきたのです。
私は存在すら知らなかったのですが、夫が色々と調べてくれていてその提案に乗ることにしました。
店舗で品物を見るといった勇気はなかったので、インターネットを一緒に見ながら商品を選びました。
夫が幾つかピックアップしてくれており、その中で服用タイプは副作用が気になったので、ローションのような感覚で使える塗布型のバイアゾームを選びました。

届くと使ってみたくなったのか、夫が誘ってきました。
普段の間隔よりかなり短い求めだったので、彼の体が心配でしたが私も興味があったので応じることにしました。

使い方については私は詳しく見ていなかったのですが、夫が「僕がやるから任せてほしい」というのでお任せしました。
いつものように体を触られていた時に、急にスーッとする感覚がありました。
マッサージするように優しく触られて、その時に少しづつ私に塗っていたようです。
しばらくそのように触られていると、だんだんと気持ち良くなってきました。

セックスが楽しくなった

その日はきちんと濡れました。
クリトリスを触られると声が出てしまいゾクゾクしました。
夫は「大きく、硬くなっているね」と言ってクリトリスを触り、感じている私を見て楽しんでいるようでした。
結果、とても満足できる交わりを持つことができ、その後も使うようになりました。

デメリットはこれを塗ってしまうと、夫が私の秘部を舐めることができなくなってしまうことです。
夫はそれが好きだったようで、私が濡れていて舐めたい気分になって困ると言っていましたが、私は特に問題ないのでバイアゾームを使っての行為の方が好きです。

メリットは夫も一緒にバイアゾームを楽しめるということです。
私を触りながら塗れるし塗るタイミングや主導権は夫が持っています。
また、自分に付いてしまった時にスッとするメントールの刺激が気持ちよかったようでした。

今まで苦手意識があったセックスが克服できたような気分になりました。

Follow me!

The following two tabs change content below.
寄稿

寄稿

この記事はユーザーから寄稿いただいた体験談です。 寄稿したい体験談をお持ちの方はメールフォームよりご連絡ください。

同じカテゴリの記事

性欲解消関連のカテゴリ一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください