主婦の空いた時間にチャットレディをしてました

体験談アイコン

リカ

20代後半

長野県

私は現在27歳で、結婚して扶養内でパートをしています。
ライブチャットをしようと思ったきっかけは、空いた時間で少しでも生活の足しになることができればと思い始めました。

チャットレディ仕事はアダルトOKでやっていました。
メールチャットでは下着姿の写真を送ったり、M字開脚の写真をおくったりと、相手の要望に応じて自分で撮影した写真をメールに添付して送ります。
メールの他にもテレビ電話や音声電話の対応もしていました。
テレビ電話では、顔出しをして、相手が気持ち良く抜けるように表情を作り声をだしていました。
その時自分でもオナニーをして、その音を聞かせたり、おっぱいを揉んでいる姿を見せたりしていました。
音声電話だけの時は、映像はないので気持ちいい?など言ってあげたり、あんっんんっと、相手を興奮させる声を出しながら気持ち良くオナニーできるお手伝いをしてあげました。

客層は本当に色々でしたが、結婚しているけど奥さんと最近そういうことをしていなくて刺激を求めてるタイプの方だと、メールでの画像のやり取りを希望してくれるので空いている時間にエッチな画像付きで返信ができるのでとてもやりやすかったです。
テレビ電話をしてくる方は、自分でオナニーをしていてあと少しのお手伝いを気持ち良く一緒にして欲しいという方が多かったので、時間的にはそこまで長くはないにも関わらず1分程続けば結構高い収入になります。
なのでどんどんいろんな方の相手をしてあげると積み重なって結構稼げると思います。

音声電話の方はテレビ電話よりは少しの男性の利用料金も安いらしく、世間話など長々と付き合ってくれるとても優しい方もいました。
音声電話であっても、女性側の収入はかなりアップするのでそういう方に出会えた時は本当にラッキーでした。
私の体験した1人あたりの時間をまとめると、メールは空いている時間に1日3通~多ければ10通以上、テレビ電話は平均1分くらい、音声電話は5分~30分くらいが平均でした。
メールは昼間に行うことが多く、夜の時間はテレビ電話や音声電話が増えると思います。

報酬は私の場合本当に気が向いた時や空き時間にしかやっていなくて月10,000円ちょっとの換金でした。
もっと時間のある方や、夜たくさんテレビ電話の相手を出来る方なら1日1万以上も普通に稼げると思います。
ライブチャットのいい点は、自分の空いた時間にいつでもお仕事が出来ることだと思います。
ただ昼間は夜ほどテレビ電話をしたい方がいないので、昼しか時間がない方だと効率良く稼げなくなってしまうかもしれません。
夜に時間の取りやすい人にはオススメです。

Follow me!

The following two tabs change content below.
寄稿

寄稿

この記事はユーザーから寄稿いただいた体験談です。 寄稿したい体験談をお持ちの方はメールフォームよりご連絡ください。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください